Net Pocco

  • 獣医師よもやま話
  • 会報誌「Pocco」
  • 犬図鑑
  • 特集コラム
  • 愛犬悩み相談辞典
ドッグフード Home > Net Pocco > 特集コラム > 第9回 可愛い愛犬、だからこそしっかりしつけを

特集コラム 第9回:ご近所獣医師 田邊弘子の「犬あれこれ」 可愛い愛犬、だからこそしっかりしつけを

甘やかしたい誘惑

「可愛がるために飼っている犬を、可愛がって何が悪い」と言われる方もいるでしょう。その気持ち、よくわかります。でも、可愛がることと甘やかすことは違います。
しつけが十分出来なかったために、愛犬を飼い切れなくなってしまう飼い主さんは、今も少なくありません。

犬と人が仲良く暮らすために

飼い主さんの意のままに犬を操ることが、しつけではありません。人に囲まれて生活する犬に、人の社会でのルールを教え、そうすることで犬の不安を取り除き、結果として安心して人と生活できるようにする、それがしつけの目的のひとつです。

しつけの基本
  • まずはできるところから
    ほめてしつけるを成功させるには、出来ることから始める
  • 指示する言葉は、1つの動作に1つ
    単純な言葉が犬には理解しやすい
  • 今日だけ特別!は不仲の元
    例外を犬に理解させるは至難の技

末永く愛犬と、楽しく暮らすためにしつけは不可欠です。今日の苦労が、明日の愛犬とのハッピーライフにつながります。根気よく取り組んでください

田邊弘子
日本大学卒業。動物病院での勤務を経て、現在ダイレクトワンの明るい相談窓口として活躍中。犬の食事やしつけに関して一般の人にわかりやすく伝えようとこのコーナーを担当することに。「みなさんと同じ目線でワンちゃんと楽しく暮らせる情報をお届けします」と意気込みを語る。

コラムバックナンバー