Net Pocco

  • 獣医師よもやま話
  • 会報誌「Pocco」
  • 犬図鑑
  • 特集コラム
  • 愛犬悩み相談辞典
ドッグフード Home > Net Pocco > 特集コラム > 第29回 プロにお願いする

特集コラム 第29回:ご近所獣医師田邊弘子の「犬あれこれ」「プロにお願いする」

飼い主さんの仕事が忙しくお散歩にあまり連れて行けない→散歩に行けないストレスから「ワンワン」吠えるワンちゃん→ご近所に気遣い、とりあえず黙らせようと食べ物を与える飼い主さん→運動不足&カロリーオーバー→肥満・・・といった、負のスパイラルをたどってしまった。こんなお悩みを持つ飼い主さんいませんか?

ザ・プロフェッショナル

これはある例です。お散歩どころか、触ることすらできないくらい凶暴になったワンちゃんに手を焼いた飼い主さんがいました。困り果てて、かかりつけ獣医師から紹介されたドッグトレーナーさんに、毎日のお散歩と基本的なしつけのやり直しをお願いしたそうです。ドッグトレーナーさんは、飼い主さんに対しても犬との接し方についてレクチャーしたそうです。
ドッグトレーナーさんの指導でこのお宅は問題改善されたそうです。

お金には換えられないもの

このケースの場合、ただ単にしつけをやり直す目的だけでなく、忙しい飼い主さんに代わっての毎日のお散歩も依頼していたことから、コスト的には相当な額がかかっていたと思われます。
しかし、一時はワンちゃんの殺処分(読者の皆様、いやな言葉でごめんなさいね)をも考えた飼い主さんにとって、この結果は大変満足いくものでしたので、出費も納得できるものだったことでしょう。
家庭内のこと、ましてはしつけを外部の人に頼むことに抵抗を感じる方は結構いらっしゃるのではと思います。しかし、家庭内で愛犬と飼い主さんの関係が煮詰まってしまった場合は、外部のプロに頼むことも選択肢に入れて対処することが必要ではないでしょうか。確かに、プロに頼めばお金はかかります。でも、上手に利用すれば出費以上の結果が得られることもあるのです。

そうは言ってもツテがない

実際に依頼しようと思っても、ツテがないという場合、困りますよね。インターネットで検索したり電話帳で調べたりして飛び込みでお願いするというのも不安でしょうし・・・。
一番お勧めなのは、かかりつけの動物病院に相談することです。院内で各種サービスをしているところもありますし、また、提携先を紹介してくれる場合もあるでしょう。直接的にはそのようなサービスを行っていない動物病院でも、有益な口コミ情報を教えてくれるでしょう。

ご家庭内でしつけの問題がこじれてしまった場合、プロの知識・技術を頼ることで問題改善が期待できます。飼い主さんご自身が引っ込み思案にならず、外の情報を積極的に収集し、ときにプロに頼むことも選択肢に加えましょう。

田邊弘子
日本大学卒業。動物病院での勤務を経て、現在ダイレクトワンの明るい相談窓口として活躍中。犬の食事やしつけに関して一般の人にわかりやすく伝えようとこのコーナーを担当することに。「みなさんと同じ目線でワンちゃんと楽しく暮らせる情報をお届けします」と意気込みを語る。

コラムバックナンバー