Net Pocco

  • 獣医師よもやま話
  • 会報誌「Pocco」
  • 犬図鑑
  • 特集コラム
  • 愛犬悩み相談辞典
ドッグフード Home > Net Pocco > 特集コラム > 第32回 お散歩いろいろ

特集コラム 第32回:ご近所獣医師田邊弘子の「犬あれこれ」「お散歩いろいろ」

お散歩は、愛犬の運動、ストレス解消が一番の目的です。しかし、一歩外に出ればいろいろなことに出くわすものです。

ワンワンパトロール

下校時、小学生が見知らぬ人につけ回されるということが起きるそうです。それは学校から離れた場所で、お子さんがお友達とも別れ、ひとりになったとき狙われるそうです。人目があれば抑止効果もあるだろうし、顔見知りのご近所さんがいてくれたらお子さんも助けを求めやすいでしょう。小学生の下校時刻に合わせて愛犬と散歩に出てみませんか。

適度な距離で見守る

防犯を意図した散歩でも、ボディーガードではないので、子どもたちにへばりつくように歩く必要はありません。地域に、子どもを見守る暖かい視線があることが大切なのです。わざわざ散歩に出なくても、お庭でワンちゃんと遊びながら、垣根越しに外を見るということでもいいかもしれません。

路上で出会うもの!?

お散歩の途中、落し物に出くわすことがよくあります。
中でも、見つけるとちょっと気分が悪くなるのが、明らかに引ったくりの末、捨てられただろうバッグ類など。あまりかかわりたくないなぁと思うものほど、ワンちゃんが得意げに見つけてくれたりします。
落とし主が拾いに来るかもしれないでの、そのままにしておくのも1つの方法ですが、警察に届けるのも親切だと思います。

ちょっとした気配りと準備

昨今、警察も人手不足ですので、交番も無人のときがあるようです。携帯電話に、最寄りの警察署の電話番号を登録しておくと、片手に愛犬、もう片方に落とし物を下げて、町をウロウロするのも大変なので、落し物を見つけたときには、警察署に電話をして、指示を受けることができるので便利です。(ただし、110番するほどのことではないので、警察署の電話番号なのです)

お散歩中にどんなにいいことをしても、マナーが悪ければ台無しです。お散歩中、糞尿の後始末をきちんとする、道ですれ違う人や犬に無駄吠えをさせない、など最低限のマナーをまず心がけてください。

田邊弘子
日本大学卒業。動物病院での勤務を経て、現在ダイレクトワンの明るい相談窓口として活躍中。犬の食事やしつけに関して一般の人にわかりやすく伝えようとこのコーナーを担当することに。「みなさんと同じ目線でワンちゃんと楽しく暮らせる情報をお届けします」と意気込みを語る。

コラムバックナンバー