Net Pocco

  • 獣医師よもやま話
  • 会報誌「Pocco」
  • 犬図鑑
  • 特集コラム
  • 愛犬悩み相談辞典
ドッグフード Home > Net Pocco > 愛犬悩み相談辞典 > ドッグフードの選び方
愛犬悩み相談辞典

ドッグフードの選び方
Q1. ドッグフードは種類が沢山あって選ぶのが大変。何を目安に選んだらいいでしょうか?
Q2. 総合栄養食にも色々な種類があってどれを選んでいいのか・・・
Q3. ドッグフードはどれくらいの量を食べさせればいいのかしら?
Q4. なるべく新鮮なものを食べさせたいんですが・・・
Q5. ドライフードの保存は?

Q1. ドッグフードは種類が沢山あって選ぶのが大変。何を目安に選んだらいいでしょうか?

A1.
ドッグフードは目的別に 主食・間食・その他の目的食に分けられます。
主食になるものは総合栄養食といわれ、総合栄養食と新鮮な水を一緒に与えるだけで健康を維持することができるよう、理想的な栄養バランスに調整されています。
間食はジャーキーやガムのような、おやつやスナックなどです
その他の目的食は「総合栄養食」と「間食(おやつ、スナック)」のどちらにも当てはまらないドッグフードを指します。特定の栄養を調節したり、カロリーを補ったり、嗜好を増進させたりすることを目的としています。

まずは、総合栄養食と表示されたフードを選んでください。

マルチバランスドッグフードなら
総合栄養食なので、あとは新鮮なお水をたっぷり用意してあげればOKです。
ページのトップへ

Q2. 総合栄養食にも色々な種類があってどれを選んでいいのか・・・

A2.
本当に沢山の種類のフードが売られていますね。年齢別(子犬期、成犬期、老犬期など)、体質別(お腹が弱い、皮膚が過敏など)、犬種別、原料のお肉別(チキン、ビーフ、ラムなど)、・・・。ペットショップに出かけるとあまりの種類の多さにどれを選んでいいか本当に悩まれると思います。
まず、気をつけていただきたいのは、パッケージのデザインやブランド名だけで選ばないこと。パッケージに印刷された犬の写真が貴方の愛犬と同じ種類だからといって、必ずしもそれはその犬種に向けたフードではありません。
面倒でも、パッケージに細かい字で書かれた説明をよく読んで、比較検討して選んでいただかなくてはなりません。

マルチバランスドッグフードなら
専任の獣医師オペレーターがお電話であなたの愛犬をカウンセリングして、数あるラインナップから最適なマルチバランスドッグフードをご提案いたします。
ページのトップへ

Q3. ドッグフードはどれくらいの量を食べさせればいいのかしら?

A3.
一般的にはパッケージに記載されている給与量の目安の一覧表から算出します。でも、それはあくまで目安です。例えば、5kgのワンちゃんといっても犬種、年齢、体格、避妊や去勢の手術が済んでいるかいないか、運動量、飼育環境といった条件で必要なエネルギー要求量は変わってきます。また、同じワンちゃんでも季節によって必要なエネルギー量が変わってきます。このような色々な条件を考慮しながら、目安量を参考に最終的には飼い主さんが試行錯誤して最適な給与量を見つけ出すことになります。

マルチバランスドッグフードなら
専任の獣医師オペレーターがお電話であなたの愛犬の種類・性別・運動量・飼育環境・・・などを伺い、マルチバランスドッグフードの適量をご提案いたします。
ページのトップへ

Q4. なるべく新鮮なものを食べさせたいんですが・・・

A4.
賞味期限がなるべく先の日付のものを選んでください。

マルチバランスドッグフードなら
賞味期限と製造年月日のダブル表示で安心です。また、国内工場で生産されていますので製造からお手元に届くまでの時間が短くなっています。
ページのトップへ

Q5. ドライフードの保存は?

A5.
空気に触れると酸化が進んでしまいます。開封したものはなるべく早く食べきりましょう。大袋の場合は食事の度に開け閉めしていると全体の酸化を進めてしまいます。数日分を別パックに取り分けるなどの工夫をお勧めします。直射日光の当たらない涼しい場所に保存してください。但し、冷蔵庫に保存すると出し入れの際、温度差で湿気を呼びますのでご注意下さい。

マルチバランスドッグフードなら
小分けパック、しかも脱酸素剤が入っているので酸化対策は万全です。(更に万全を期すため保存は直射日光を避け涼しいところでお願いします)
ページのトップへ