犬の健康を考える

愛犬の老いと向き合って
犬と人がともに快適な生活を・・・

あなたは愛犬の老いについて考えたことがありますか?

「愛犬の老い?いずれそんなときも来るだろけど、そんなことはまだまだ先のこと」と、考えていませんか。

犬と人間では寿命が違います。つまり、年をとる速度が違うのです。同時に生まれた人間の赤ちゃんがやっと小学校1年生になったとき、犬はもうシニアへの入り口に前脚をかけています。我が子同然に育てたかわいい愛犬も、飼い主さんを追い越して老化していきます。どんなに手を尽くしても、これは避けられない事実なのです。

愛犬に少しでも快適なシニアライフを送らせてあげられるよう、犬の老化について知っておく、老齢となった愛犬にどんなケアができるのか知っておく、というのに早すぎるということはありません。

老化は避けることはできません。しかも、老齢期は犬の生涯の半分以上にも及びます。だからこそ、その時期をワンちゃんも飼い主さんも少しでも快適に過ごしていただきたく、色々な情報を集めてここにまとめてみました。

皆様に老齢となった愛犬との生活に役立つ知識を1つでも2つでもお伝えすることができましたら幸いです。

ページトップへ

※老犬の飼育についての、ヒント集です。老化の現れ方は、千差万別です。実際に試される場合などは、愛犬の状態を良く見極めて、飼い主様の責任でお願い致します。万が一、不利益が生じても、本サイトでは責任を負いかねます。

7歳から始まる犬の老化。ドッグフードもシニア用に!

※この内容は2005年9月発行の「愛犬シルバー手帳」に基づいております。